********バンコク(タイ)**** Photo

バンコクという都市、僕が持った印象は、土地や人の雰囲気がとても日本と似ている、
と言う事だ。それから、旅行者の居心地が良いという点でもとても気に入った。

それと言うのも、他の東南アジアの都市に比べて、客引きの類い、
(白タク、トゥクトゥク、飲み屋、物売りなど)がしつこくなく、皆穏やかだ。
それに食べ物も美味しい(東南アジア随一ではなかろうか)。物価は
旅行者に対しては、他の国に比べたら少し高めだが、そうは言っても日本よりは安い。

ちなみに東南アジアのタクシーはどこも安い。日本のは何て高いんだろう。

タイは今、高度成長期らしい。大きなビルがどんどん建設されてる。
そういった意味でも日本に近付いて来てる感じだけれど、あまり良い
感じはしないなあ・・・

タイでは寺院をいくつかまわった。ここも宗教が全ての基本らしい。
寺院に入る時は裸足にならなければいけない。だから、ここの人達は
いつもすぐ入れる様に草履やサンダルの人が多い。

東南アジアの人達はどこの人も皆たくましくて、旅行者と見るや、あっと
言う間に地元の人が買う値段の3倍〜20倍くらいの値を平気でつけて来る。
たとえば、市場のような所でバナナの天ぷらをひと袋(手のひらに乗る
位)買ったら30バーツ(約90円)だったけど、それを見ていた
他の地元の人がびっくりしてた。地元の人が買う場合は6〜8バーツ
らしい。まあ値切るのが普通で、僕も明らかに法外だと思う値段の場合
(日本と同じ位の値段)、まず3分の1位の値段を言ってみて様子を見る(笑)
物によっては粘ればどんどん値が下がって行くのが笑える。でもこのバナナの
天ぷら屋のおばちゃんはガンとして下げようとしなかった(笑)
皆日本人の金銭感覚を知ってるのだろう。ちなみに渡し船のようなのに
乗ったら、これはボリようがないみたいで、なんと2バーツだった。
本当はこのあたりの相場で地元は動いてるのだと思う。
だから、タイにもおおきな高島屋などがあって、値段は日本とあまり
変わらないけど、地元の人はよっぽどのお金持ちじゃ無い限り、利用しない
んじゃないかな。実際デパートの中はがらんとしてるし、見かけるのは
日本人など、旅行者とおぼしき人ばかりだ。

それにしてもタイ料理はなんて美味しいんだろう。(笑)


PHOTO

写真はあまり撮らなかったのですが・・・

ワット・ポーにて

大勢の観光客で賑わっていました

チャオプラヤ川 

この川を渡ってワット・アルンに行けます 

 ワット・アルン

幹線道路の上に高速道路 

日本と良く似た光景です 


東南アジアトップへ

ホームへもどる